お箸&キッズマナーレッスン

お子さまに一番人気の『お箸&キッズマナーレッスン』の様子をご紹介します。

『お箸の持ち方レッスン』と『キッズプロトコールマナーレッスン』を一緒に効果的に学べるレッスンです。

まずは、お箸の練習からスタート。

「いつもこうやって持ってるよ~」と教えてくれました。

練習に少し飽きてしまったら、立ち居振る舞いの練習をスタート。

美しく飲み物を飲む練習。

ご自分の意志で、再びお箸の練習に戻ってきました。

椅子に「1.2.3」とテンポ良く座る練習が気に入ったようで、何度も何度もご自分で練習してくれました。

真っすぐに立つ練習をしました。

お母様を相手に、お辞儀とご挨拶の練習をしました。

美しい立ち居振る舞いは『目線』がとっても大切です。

すっかり美しいプリンセスになりました。


『お箸』と『立ち居振る舞い』を、お子様のペースに合わせて練習をすすめられます。


小さなお子様には特に、

動きのあるマナーレッスンとお箸の練習を一緒にすることで、

ご自分のペースでお箸の練習ができ、

飽きずに、楽しく、90分過ごすことができるようです。


ご自宅でのお箸の練習の仕方をお伝えするので、

引き続き練習をし、

学んだ立ち居振る舞いで過ごし、

全部で3回、レッスンにお越しいただきます。


こどもに、

お箸を、楽しみながら、

スムーズに、

持てるようになってほしい!


できれば、

ママである自分もイライラすることなく、

すんなりと。


最近のお受験では、

コロナ禍の影響で、行動観察を行うのが難しいため、

今まででなかった

『お箸のお試験』が増えている。

と、聞いております。


お受験ではなくても、

お箸は一生持ち続けるもの。


食事の度に肩身の狭い思いをしないで済むように、

美しいお箸づかい、食事の作法、

身に着けてあげることは、

親から子どもへの最大のギフトです。



そのギフトは、今しか与えられないもの。



大人になればなるほど、

お箸の正しい持ち方を身に着けるのは、大変なことですし、

大人になってから「お箸の矯正をしよう!」


と思う時点で、


・食事の際に、すでになんらかの嫌な思いをしている。

(落ち込んでしまう出来事が起こってしまった後なのです。大人の生徒様は、たくさんの悲しい出来事や恥ずかしい思いをした事があり、レッスンに来ることにした。と、おっしゃいます。)


大切なお子様に、

そのような思いをさせないためにも、

美しく、愉しい、人生のためにも、


一生涯に渡るギフトをプレゼントしてあげてくださいね。


〜お箸&マナーレッスン2回目〜


前回のレッスンに引き続き、お越しくださった年中さん。


「いっぱい練習してきたよ~」

と、嬉しそうに見せてくれました。

楽しく練習できているからこそ、

こうして、私に嬉しそうに見せてくれるのです。

楽しく楽しくすることで、

お子さまがすすんで練習できるのです。

しかも夢中になって。

お箸の練習をしつつ、

少し疲れてきたところで二日めのマナーレッスンをしました。

公共のマナーについて。

少し説明した後は、

できるだけ、実際にやってみてもらいます。

その時にどう感じたか?

そのような事を大切にしています。

ご本も、読みやすい向きで渡されたら嬉しいよね。

日本の素敵な伝統である風呂敷。

このレッスンでは、風呂敷の良さをお伝えするのはもちろんのこと。

視空間認知の発達、紐の結び方の練習も兼ねています。

紐の結び方はお受験塾にお任せして、

マナー教室では、少し発展させて文化も学びます。

「そろそろおしまいに・・・」と、お母様と講師が思う中、

とても夢中になって取り組んでくれました。

この、夢中になった瞬間を見るのが、何よりの喜びです。

夢中、熱中ってお子さまにとって大きな強み。

大きく伸びる時です。

風呂敷で作ったバッグを持って、

前回行った、ドアの扱いを見せてくれました。

できるようになった事がいっぱいあると自信になり、

自己肯定感につながります。

頑張った成果を見せてくださって、とても嬉しいです。

お洋服のたたみ方も上手になりました。

「お洋服屋さんみたいなたたみかただね~」と言ってました。

おうちでもお手伝いを続けてくださいね。

前回練習した、

1.2.3の椅子の座り方。

こちらもすすんで見せてくれました。

そして、

前回はどうしても身体がグラグラと揺れてしまっていたのですが、

(小さなお子様に多いです)

目線と真っすぐの立ち方をご指導し、この日まで、

お母様と猛練習されたようです。

ご覧ください。

とても美しく気持ちの伝わるお辞儀ができるようになりました。

そして、再びお箸の持ち方の練習に。

課題は見えているので、あと少し!

次回のレッスンで仕上げましょう。

沢山頑張ったので、お水が美味しいようです。

また次回を楽しみにお待ちしておりますね。